かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

倉岳山 デビュー

2002年11月2日(土) 18℃ 快晴

はじめのはじまり  山登りはこの日から始まった。。。

初の単独登山、 第一号!

7:53高尾行き 8:43高尾乗換 9:19鳥沢着  9:30から歩き始める

駅のトイレは2ヶ。紙なし(当時はそうでしたが、現在ではきちんと設置) 
まず国道を反対方向へ向かって行って気付く。
最初の登りから沢沿いの岩場は少々歩きにくく、前後に人はなく終始ひとり歩きだった。
山頂直前の登りは心臓バクバクもの。あと10分で山頂のサインは嬉しい。

山頂手前で間違えて薮に入り込む。コンパスは必要。

山頂12:00。 おにぎり二個。
紅茶に砂糖を入れたHot DrinkはGood idea.美味しかった。水も美味。
残念ながら富士は雲に隠れてほとんど見えず。天気は最高。
日向ボッコして、30分後に下山開始。

下りの方が膝と足首にキツい。
特に足の親指に体重がかかり 靴の中で痛みを感じる。爪が黒くなった。
一度左足首をねじりそうになるが 大丈夫。靴とヨガのお陰か?

熊注意のサインにビビるが、蛇にも出くわさず バッタと鳥のみ。
紅葉は始まったばかり。11月下旬かもしれない。まだまだ登山には問題なさそうだ。
14:26と:39の電車が良さそうだ。39分に乗り、高尾で急ぐと乗り継ぎはばっちりだった。
16:00には家に着く。片道350円 + 400円 電車賃。

ポケットにリップクリームと笛とキャンデー。 携帯は山頂では使えなかった。
地図はつねに手に持つ。気がつくと顔に塩が吹き出してザラザラになっていた。
もっと体力をつけないと千メートル級の山は無理だと思った。

[PR]
# by julienne | 2002-11-02 00:00 | 山日記はこちら