かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2003年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

百蔵山から扇山

2003年3月29日(土) 8℃ 曇/晴

百蔵山から扇山へ。そして長~~~~~い車道を経て四方津駅へ。 長い一日。
c0032193_2211762.jpg


朝方の天気は思わしくなかったが8:09笹塚、8:15明大前乗換、高尾→猿橋へ。
駅前の7-11にておにぎり二個ゲット。そういえば駅のトイレに紙がついてました。
9:55から歩き始める。
道は分かっているのでペースは速い。前行のグループを追い抜き30分で登山口へ。そして頂上には11:15着。途中二ヶ月でずいぶんと土が崩れて地形が変わりつつあるのを感じる。
天気はいまいちだが道は乾いていて気持ち良い。どんどん登ってあっけなく頂上に着いてランチブレイクを30分取るが、今回は扇山へ行くのでゆっくりしてはいられない。これから先は未知の道。いきなり急な坂を下る。笑っちゃうくらいダイナミックに下る。どんどん下っちゃう。考える間もなくあっという間に200Mは下る。(多分)
前行く黄色いジャケットの男性に遅れまいとずんずん急ぐ。尾根は気持ち良いが特に見るところもないのでなだらかな道を進むと大久保山への登りに入り、ひたすら登る。一歩一歩踏みしめるようにステッキで押し上げ立ち止まらずにゆっくりながら続けて登る。

なかなか頂上に着かない。それでも頑張る。そしてとうとう頂上。11:45に百蔵山をでて13:15着。ほんの1時間30分。上出来。
ここまではとっても速いペース。絶好調。足も腰も元気。頭も痛くないし胃も元気。気持ち良い芝の頂上でお日様を浴びてお昼寝する。
14時下山開始。梁川駅へ下りるつもりで犬目、君恋温泉方面へとどんどん下る。途中滝があったりで楽しい楽チンな下り道。ペースも上がり気味。君恋に着いて犬目のバス停、15:18のを待たずにゴルフ場の中の道を下っていくが結局梁川駅へ出る山道は閉まったらしく道標もなく近くのおばあ様もやめろと言う。今更戻れず仕方なく四方津へ向かう長い長~~い車道を行く。
思いっきり疲れて、風に吹かれて寒くなるし、楽しかった一日がいっきにトーンダウンして辛くなる。駅に着いたら16:36が行ったばかりで17:20まで待つ羽目になる。。。辛い。。。
やっと電車に乗りほっとして帰宅の人に。

家に着いたら19:00だった。  長かったぁ。。。
[PR]
by julienne | 2003-03-29 22:52 | 山日記はこちら

早雲山 箱根

2003年3月22日(土) 雪/雨

箱根一泊二日  二日目

早雲山分岐までのハイキング

箱根の民宿高杉を出たのは9時。湯本駅から登山鉄道→ケーブルカー →ロープウェイと高い金払ってそして時間かけて降り立った大涌谷は雪。
そしてなんと火山ガスの為 登山道は閉鎖とのこと。。。 ティエリーがもちろんのこと怒った・・・駅員のいい加減な言葉を信じた私も悪い。奴ら観光地のくせに何の情報も知らんのか?!
怒っても仕方ないので早雲山まで下りて駅前から神山へ向け登り始める。

すっかり雪道。あちこち滑るのでさっさとアイゼン使用。ガシガシ行く。
「昨日金時山でお会いしましたね」なんてすれ違いの夫婦に声をかけられいっぱしのハイカー気分。それでもやっぱり雪での登りはきつい。
楽しいけれども無理することもないので分岐まで行ってパン食べてオレンジジュース飲んでちょっとして戻ってくる。まぁ 急ぐ必要もなかったのに、あとから考えれば 行ってくれば良かったと思うけど今度の楽しみ。
また箱根に行こう! 新宿から高速バスも出ていることだし。
民宿も解ったし次回はバイクという手もあると話して帰ってくる。

ドロドロがなくて一面真っ白な雪でサクサクしてて楽しかった。
風もなく、人も少なかったしすれ違う人達とは言葉を交わして情報交換したりして、なんだか良い感じ。湯元にてビールを買って一路家へ。
代々木上原でラッキーにも切符の精算せずに済んで(株主チケット使用)千円以上も得する。
朝の分取り返してくれたしっかりものの私の旦那さんでした。
めでたし目出度し。
[PR]
by julienne | 2003-03-22 23:34 | 山日記はこちら
2003年3月21日 (金) 10℃ 曇りのち晴れ  
                 民宿高杉0460-5-6565 ¥6500二食付

三連休 箱根一泊二日山行  一日目

8:06の小田急に乗ろうと思ったが 相変わらずティエリーは探し物をしている。
今度は鼻スースースティックがないと言う。結局は新宿に着いたのは8:20頃でロマンスカーを買おうかと思ったが切符売り場で早々に言い争いになり むかついて禁煙席も売切れだったしやめて8:36発の箱根湯本行きに乗る。
何かと意見が合わず小さな事でもいつも争いになるのは いったい何故なんだろう・・・?!

さて、それは置いといて、湯元駅でバスに乗換。乗り場③の湖尻方面行き。
20分ほどで宮城野支所前に着く。バス停前のコンビニにておにぎりと飲み物仕入れて登山口へ。
しばらくは別荘地の裏ばかりを通ってドロドロの道を登って行くのであまり面白くない。変な匂いもするし。。。
やっと山道らしい所へ来て、せっせと登る。
明るくなって道もそれほど悪くないし、宮城野分岐までは急な登りもあるけど順調。おじさん3人がランチを食べていた。見晴らしの良い尾根が左右に続いていて とても気持ちが良い。
緩やかな道を楽しみながら登っていくとあっと言う間に明神ヶ岳山頂に出る。
風もなく暖かで良いランチタイム。あちこちから湯気というか煙が出ていて箱根らしい。
乾いた草の上に座ってランチにする。
ジャケットを乾かして少し休んで今度は金時山へ向けて出発する。

なんせ出来るだけ登っちゃおうという欲張りな計画なのだ。
自分の体力に余るほど自身があるのか、行けるだけ行っちゃえ状態。

せっかく登ったのに少しずつ少しずつ明るい尾根を下って行く。
ところどころドロドロではあるが許せる範囲である。
順調に高度が下がっていく
人気のコースを逆行しているようですれ違う人達の方がはるかに多い。
ちびッ子達も結構登ってくる。
道は快適な尾根と泥んこ道と雪道を繰り返しながら進む。
矢倉沢峠へ行く前の山の北側一面の雪景色。けっこう積もっていて滑らないように注意して進む。
それほどアップダウンがないので助かる。
途中黒鼠に出会う。他には鳥も動物の気配もないほど静かだ。火山だからか?
硫黄の匂いが嫌なのかな? ちょっと不思議。

矢倉沢峠はなんだかあっけらかんとした広場で 通りすぎるところだった。
金時山の登り口もあんまり何も書いてないから本当にここか? と思ったほどだった。
出たしから嫌になるほどのぬかるみ。泥の急坂ときていて、足は取られる、はまっちゃって時間がかかるわ余計に疲れて あっと言う間にエネルギーを消耗し、途中でぜーぜーと疲れ果ててします。こんなドロの中でぐちゃぐちゃになってて何が面白いのか、何の為に登っているのか 荷物は肩と背にずっしりと食い込んできて 苦行のようだった。。。
それでもドロから抜け出して今度は岩になり、鎖のあるところを過ぎ、何とかかんとか身体を上へ上へと押し上げていくうちにやっと頂上に。

もうこれ以上登るのは 一歩たりとも嫌だぞってな気分。

茶屋にてお婆ちゃんと話してポカリを飲んで少し元気になる。
帰りと民宿へのチェックインが気になって頂上をちっとも見ずに来た道を下る。
神社へ行くと道もましだし水も出てるとのことでその通りにする。
快適で楽な道だった。神社で旅の無事を感謝し、靴を洗わせてもらい、仙石のバス停へ。
ティエリーが寒いと言う。バスに乗ったら道路は渋滞。湯元まで1時間もかかってしまったのでした。
民宿へは7時頃着きましたとさ。  疲れた・・・
[PR]
by julienne | 2003-03-21 18:44 | 山日記はこちら

棒ノ折山

2003年3月15日(土) 4~8℃  曇/雨/雪

早々と起きて予定通り新宿からホリデー奥多摩快速1号 7:48 に乗る

奥多摩デビュー

梅のシーズンで日向和田・御岳方面に行く人でいっぱい。
御岳乗換で川井駅で降りたのは私ひとり。無人駅だったので切符をごまかしてしまう(スミマセン・・・清算する小銭がなかった・・・) 
バス停にて9:29のバスを待っていたら雨。予報は午後回復って言っていたから行っちゃえ!ってことで上日向へ。バス停から登山口までの間はキャンプ場が沢山あってトイレも沢山ある。
10:05わさび田の横の細い道を登る。始めから山道らしくてなかなか良いカンジ。

ワサビ田もとってもキレイ! ただ熊・マムシ注意ってのがちょっとおっかない。前後に人がまったくいないので得意の一人お喋りと歌を唄いつつゆっくり登っていくと、雪になってしまった。
でも風がなくて雪が静かに下りてくる光景が夢のように美しい。森の香りを胸一杯にその景色の中をひたすら静かに登っていく。
岩が多くて 目の前にド~ンとそびえていたりして あたりは薄暗くて雪はどんどん降ってくるし、道も雪に覆われて滑りやすくなってきて 人はいないし少々心細くなる。。。
もうこれ以上はアイゼンなしではキツイという所で 初の4本アイゼンを装着! ・・・ してたら後続の男性三人が近づいてきた。ちょっとホッとしたりして。
アイゼンはすご~~~!!ガシッ!ガシッ!とにわかガンダムにでもなったように イキナリスピードが上がる。雪でも氷でも何でも来い!って感じで ワシワシ登ったら あっけなく頂上にでる。

なんと一面 雪 雪 雪 雪の雪の世界
ずんずんどんどん降ってくる 降ってくる  視界ゼロ

混んで来たのでおにぎり一個だけ食べて10分くらいでさっさと降りる。婆ぁのマナーが悪くて気を悪くしてしまう。東屋の一人占めや場所取りはいい加減にせ~よ!

ガイド地図通りのコースを下りる。雪道でもアイゼンのお陰で滑らずにガシガシ下ることが出来た。途中、黒山 そして 長い尾根歩き。アップダウンで面白いが 何も見えずひたすら足元だけ注意して進む。退屈。。
岩茸石山で既に疲れてしまって 次の惣岳山は迷わずまき道を選ぶ。
駅へ戻ることだけを考えてどんどん下る。下界が見えてくると安心してスピードを緩めてアイゼンをはずし、ゆっくり下る。
雪も雨も止み 駅についたらホリデー快速が止まっていたがすごい人だったので見送って、次の4:57中央線でゆっくり帰る。

初めてのアイゼンと雪山。いい体験。
ちょっと疲れたけど 雪 綺麗だった。。。
[PR]
by julienne | 2003-03-15 18:12 | 山日記はこちら

幕山

2003年 3月8日(土) 13℃ 快晴

雨の週末が続いて ひさびさの山行。 両親と一緒。
ずっと悪天候だったのが 突然のポカポカ天気で快晴。

梅を見に

7:45成城学園前駅で待ち合わせ。家を出るのが遅れて 代々木上原まで自転車ですっ飛んで行って7:26の急行になんとか間に合う。 ぜ~ぜ~。。。

母は腰が痛く腹具合も悪く 途中下車してトイレに行ってしまう。Coolな家族。
小田原でJRに乗換。流石に湯河原までは遠い道のり。着いたら10:00.
それからバス、そしてやっとこさ幕山に着いたらすごい賑わい。
中年以上の人ばかり。梅は満開。それなりに美しい。
ロッククライミングの人達を横目に登山口へ。ゆっくりゆっくり登る。
74と75歳の両親だからペースは遅いけどそれも気にならない。天気は最高。風もなく暑いくらい。景色も良く見晴らしも良好。久しぶりの山はポカポカの春でした。
お年寄りは頂上の往復で充分のようで ぐるっと回らず来た道を戻ることにする。

頂上で少し雲が出てきたが、風はなく暖かい。美味しいお弁当を沢山食べてちょっと横になってしばしお休み。沢山の人が後から後からやってくる。

自分が30年後に元気で同じ山に登れるだろうか?
いつまでも足腰は鍛えておきたい。ずっと山登りが出来るように。

両親は相変わらず喧嘩してる。それでも喧嘩する元気があってよいのかもしれない。
エネルギーが有り余っている私とThierryはつまらぬ事で夜 喧嘩をする。
奴があんまりつまらんことを言うから呆れてしまう。馬鹿な奴め。
[PR]
by julienne | 2003-03-08 18:07 | 山日記はこちら