人気ブログランキング |

かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2003年 06月 14日 ( 1 )

川苔山 

2003年6月14日   曇  単独行

本格的な梅雨前に是非奥多摩に登ってみたかったので、茂君が天気は大丈夫とのお言葉を受け、早朝ホリデー快速1号に乗る。まずまずの人。GWとは大違い。空席もあってゆったり到着。日原方面の人気が高い。
半分が川苔山で半分は鷹の巣山か、あるいは蕎麦粒山か? 
2台目のバスに座って行けた。焦って満員の1台目に乗らずに良かった。
日本では慌てる乞食は貰いが少ないのじゃ。。。(他の国は反対)

川苔橋では前のバスで着いた団体がストレッチなんぞをしてたむろしている。
皆わりと大きな団体で若いのも年配もいる。道いっぱいに広がってとうせんぼをされている横をスルリスルリと追い越してハイペースで林道を行く。
コースタイム通りに登山口まで約45分。昨日までの雨で道が少し滑る。
岩が多く岩も滑る。慎重に足を進めて先行をどんどん抜いてしまう。
今日は体が軽く感じる。いくつもの小さな滝を過ぎてやっと百尋の滝に出会う。
ロープも取り払われて滝口まで行って思う存分水しぶきを楽しめる。
とても美しい所で長居したくなるがまだ先は長いので後ろ髪を引かれるように出る。
又来るからいいさ。今度はもっと暑い日に兄貴と来ようと思う。

分岐で右に行く。
皆が左へ登るのをあまのじゃくして右へ下る。。とすぐ行き止まり。。。
でも滝があった。人知れず密かに落ちる滝を一人楽しむ。でも虫や蚊がいっぱいいて実はゆっくりしてはいられなかった。道を見つけて進む。

誰もいない。

ベルをりんりんブンブン鳴らして怖々暗い道を登って行く。やっと開けた所に出るとホラ貝の音。
心地よいサウンド。その音に引かれて頂上までもうひと頑張り。てっぺんは雲の中。ぶよがいっぱいいた。

あまり広くなく、親父がいっぱい居た。ホリデー2号に乗るべく、鳩の巣駅までまっしぐらにズンズン下ってしまった。

とても良い山。
また何度も来ることだろう。楽しかった。
by julienne | 2003-06-14 23:47 | 山日記はこちら