かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2003年 05月 04日 ( 1 )

2003年5月4日   高水三山からのつづき。。。

GW一泊山行 二日目   快晴

横手せんばあちゃんのな〜んちゃって民宿はのっけから強烈でストレートパンチ!!!という感じ。

お元気な二人の婆宿(失礼)はそれでもいいコンビ。
泊まる所があって文句なし。 ¥6500。

三人一部屋でビールと日本酒飲んで早めに寝る。
河原で気功を教えてもらった。面白かった。ちょっとだけ感じることが出来た。

4日(日)いざ 最高峰 1700メートルへ。
8時30分駅前から出るバスに乗り水根へ向かう。
今度も兄貴はしっかりシルバーシートに座っている。う〜〜む。。

水根沢林道の柔らかい穏やかな道を進む。かなりハイペースだがこの登りならまだ大丈夫。尾根は痩せて切り立っている所もあり、木橋もたくさんあって変化に富んでいて面白い。沢からはなれる頃から急な登りになる。
1時間以上の急登。とうとうバテる。もうついて行けなくて10メートル登るごとに息を取り戻すために止まるようになる。
女性に抜かされてしまう。どうしたいったい!!!

なんでこんなに辛くなるのかな。。なんでこんなに亀なんだろう。荷物が重すぎるのか。。。?
水根山あたりで兄貴が待っていてくれて、でも山頂までの登りで又置いて行かれる。山頂着は私は亀だったにも関わらず予定より45分以上早かった。。。
12時ランチ。ちょっと黒い雲が出てきて雨の心配もしたが大丈夫だった。婆宿から兄貴が持ってきたおにぎりとサバの味噌煮カンズメとパンを食べる。水をずいぶん消費する登りだった。私はバテて食欲なし。
霞んでいてあまり景色は良くないが、それでも三人共に初の1737メートルのお祝いにラム酒で乾杯する。兄貴は相変わらずフルコースでデザートも食べたそうだったが14時50分のバスに乗るべく12時45分に下山開始。

稲村岩尾根はすっごくキツく辛い大変な道。
登りだったら私には無理だったと思う。足ががくがくするほど。
兄貴は羽が生えたかと思うほど飛ぶように先に行ってしまった。
奴は下りは苦手のようでペースが落ちる。お互い様だから一緒にゆっくりめに急いで下山。バス停着、14時45分ぎりぎり。
兄は17分には着いていたとのことで、一本見送って待っていてくれた。
さすが兄貴だ。立派!
[PR]
by julienne | 2003-05-04 06:53 | 山日記はこちら