人気ブログランキング |

かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

扇山から百蔵山

2003年5月25日  曇り  25℃

朝早く起きたら川乗山へ行こうと思っていたのに、奥多摩はちょっと遠い。

昨日両親と横浜スタジアムでベイスターズ戦を見てきたし、母上から一人で奥多摩へ行くなと釘をさされたこともあって、弱気の私。そこで行きなれて気に入っている扇山へ変更。

3度目の今回は逆コースをたどる。

いつものガイドブックのコースと同じ。鳥沢からの車道はのんびりしていて、車も通らず、途中からすっかり田舎道になって心地良い。

梨の木平からは水場を通り、夫婦を追い抜き、「健脚だね」なんて言われていい気になってさっさと登って行く。辛い登りは全くなく、見る物もあまりなくせっせとトレーニング。
扇山山頂は20〜30人くらいはいたか、ただ木陰がなく、夏は暑い。15〜30分も居たら日焼けの心配をする。
回りの山も見えないし、さっさと百蔵へ行くことにする。
大久保のコル手前で先ほどのカップルが木の下でランチをしている。「もう弁当食べちゃったの?今度はどこへ行くの?」と聞かれて百蔵へと行って別れる。楽しそうなご夫婦。とってもうらやましい。

前回辛かった大久保山の登りをするする下りて300mも下がる。下りは楽よね。だいぶ草木がしげって邪魔になる。
なるたけ毛虫を避けながら、虫を払いのけ草木を押し分けて進む。ふいに何かがバサッと首の所に落ちてきた気がして、バッグを下ろし、ジャケットも脱いで払ってみるが、何かわからず。
1時間30分にて百蔵山頂へ。この山は本当にスイスイ行ける山で何度来ても楽しい。百蔵直下の登りも辛くなかった。頂上は人がまばらで桜の木陰で快適。
冬は扇で夏は百蔵が良いなと思った。

駅までの下りは1時間ちょっと。
あっと言う間に着いてしまった。途中近道発見!
アジア系の男の子の後を着いて行ったら思った通り。駅への近道だった。嬉しかった。

7−11では酒は売ってなくて、向かいの酒屋でスクリューキャップのビルを買う。フタして持ち歩けて便利なビールだ。
駅のホームでそれを楽しみ、ビーフジャーキーを食べ、すいた電車で帰るこの幸せ。

ただ今日はちょっと飽きを感じた日だった。
初めてちょっと飽きたかなと思った。
同じ所だからかな。。。
by julienne | 2003-05-25 22:26 | 山日記はこちら