かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

生藤山 から 陣馬へ

2003年5月10日   晴 20℃

7時53分の高尾行き。藤野で9時8分のバスに乗り鎌沢入り口へ行く。
乗り継ぎがスムーズだと1時間9分で着く。そしてバスは15分ほど。

9時30分から歩き始める。車道を30分。かなり登る。
静かな登りできつくない。
ゆっくり登ったので頂きまで1時間30分かかる。
天気は快適、さわやかで気持ち良い。混んでないし、皆さん良い方ばかり。
不思議と会話の多い日だった。
感じのよい青年(残念ながら薬指にリングあり、ひろみさんにいいと思ったのに)、年配のご夫婦。おじさんおばさんの楽しいグループ、頑固者のおばさん四人組(私の言ったこと信じなかった)わんちゃんニ匹。それぞれの素晴らしくすがすがしい一日。

生藤山山頂はベンチが四個。混んでくると場所がなく、あんまりゆっくり出来ない。
皆に「陣馬まで行くのか?」と聞かれ、その気になる。
確かにこの山だけではものたりない。
かくして 先を急ぐことになる。
アップダウンの少ない山なのにさらに巻き道なんて選んで苦労せずして平らな尾根をさっさと行く。1時間30分後には陣馬山頂。すっかり緑の芝生になっていて気持ちよい。富士山はシルエットのみ。
ガキ共の声はうるさいが許す。寝転がって地図見て、帰りのコースを決める。
電車の時間を確かめると14時58分と15時11分があるのでそれを目指して13時25分頃トイレを済ませて栃谷尾根を下る。

先週とは大違いの緩やかな下山。鷹巣とは比べ物にならないのは当たり前か。

あまりに平らな下りなので自然と走り出す。クロストレイルランニングの気分。そのまま快走。全く疲れを感じない。少々の登りなら駆け上がっても大丈夫。エネルギーが有り余っている感じ。笑い出したくなるほど快適。どんどん追い越して車道に出てからテクテク歩き出す。やっぱコンクリは疲れるわ。
バスの時間を見たら14時44分にバスはあるけどまだ20分あると思い徒歩で駅へ。と、14時39分には着いてしまったではないか。早いことまあ。
ちょうど電車が出た所。しらなんだ。39分にもあったのか。。。
予想以上の早さだ。

駅前でビールを買い、ホームで一息いれ、電車でゆっくり座ってビーフジャーキーを食べながら楽しく帰宅する。
余力たっぷりで洗濯、掃除、買い物して夜はきみこさんに会いにお台場の先まで行く。
天気な44歳。万歳。
[PR]
by julienne | 2003-05-10 07:10 | 山日記はこちら