人気ブログランキング |

かつては山歩きと日々の旅日記/宿情報盛込み中


by julienne
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

寺下峠 リベンジ

2003年4月29日  祝日。快晴。     25℃

奴と二人。
ゆっくり出発。9時35分明大前。
高尾で急いで10時20分中央線に乗る。
11時から歩き始める。以前同様、民宿やまみちを目印に。

今度は蛇の心配をしつつ、厚くつもった枯葉の上を目を皿のようにしながらおそるおそると進む。幸運にも往復共に出会わずに済む。
途中二回ほどびっくりするけど木だった。
以前雪で断念しsた登りを超えて行く。
やっぱ あのときは引き返して正解だったと気づく。あの先はもっと雪深かったことだろうと思う。寺下峠は四方からの風の通り道になっていて、突風が吹きまくっていた。ジャケットを着込む。
さっきまでの暑さはどこへやら。。。

矢平山までは岩の多い急坂を行く。私は亀。
ゆっくりのろのろを登る。のろのろペースは疲れが少ない。
マイペース、マイペース。

岩が終わるといきなりの頂上になる。
狭くて視界というのか景色のあまり良くない頂だけど、風も少し押さえられていて暖かなスペースだった。

ここまでなんと地図のタイムより50分以上早い。

2時間50分から3時間の予定でいたから、13時にはランチになってしまった。
本当は亀じゃなかったのね。。

それほどのんびり出来る場所ではないので、40分ほどで下山。
下りると決めたらきっぱり早いの、私って。
登りは亀で下りは兎。とっとこ、とっとこどんどん下る。奴も着いて来れないほど早い。あっという間に下って行ってしまう。

四方津の駅は見えているのだが、ぐるっと回る感じでなかなか駅にはつかない。
下におりたら風は止んでいた。

再び暑さが戻ってきた。もう5月になるんだものね。
なんて話しながら駅前でビールを買って、ホームでピーナツ食べながら30分待って、15時46分に乗って帰ってくる。
17時着。選択して水餃子作って、風邪薬を飲んで早めにベッドへ。

夜兄貴から大岳山へ行ってきたよの報告が入る。
明日テントを買いに行くそうだ。
by julienne | 2003-04-29 23:38 | 山日記はこちら